スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

美人になるための投資

 美人とブスの違いは何か。 遺伝的に美しい造形であっても手をかけなければ 「あの人は美人」と言われません。 私が見てきた数々の美人と呼ばれる人達を徹底的に分析した結果を発表します。 美人は「美人になるため」にお金を使っていることを自覚しています。 美人になるためには美人になるだけの予算が組めるかどうかにかかっています。 まずは、両親から頂いた美しい造形の顔立ち、均一の取れたスタイルという外見的なものを維持管理する費用は以下のものになります。 ・美容室で定期的なお手入れ2万円~3万円程度 ・おしゃれコーデ10万円前後 ・基礎化粧品・コスメに3万円から5万円 ・美容皮膚科、エステ通い2万円から3万円程度 ざっと計算して、20万円の投資ができるか、できないかに「美人人生」がかかっています。 続いて、その美しい造形を無駄にしないよう内面を充実させるためにかかる諸費用は以下のものになります。 ・社会においてなにかしら役に立つ技能を身に着けるための学費。技能により学費やテキスト代も様々なので10万~100万円程度 ・新聞、定期購読物、書籍代月2万円程度 ・定期的に人目に触れたり、関わりで内面を磨くための会食代3万円程度 社会に出るまでの学力を身につける学費は親からありがたく頂戴することとします。 美人の維持管理費は非常にかかります。ただ、その維持管理費を賄える経済力のある男性のもとへお嫁に行ける確率は高いので、お嫁に行くまでは何としても維持管理費を自力で捻出しなければなりません まぁ、極論 美人・ブスにかかわらず、やるかやらないかの問題です。 20万円で、少しでも人生がハッピーな方向に変わるとしたら、安いと思いませんか。 分析した美人と呼ばれる人達はだいたいのところ、よいところへお嫁に行っています。幸せかどうかは分かりませんが、お顔から察するに一定の幸せは得られているように感じます。 ただ、実践したからと言って全員がハッピーになるわけでもない話ではありますが。

最新の投稿

商品価値

男性化粧品

皮膚科と美容皮膚科

美容医療と化粧品

肌断食